声に人間味を与えるのは「ゆらぎ」 表現力豊かな音声合成ソフトCeVIO

初音ミクなどのボーカロイドに代表される音声合成ソフト。

最近ではX Japanのhideの声を元に音声合成技術で作成されたCDがリリースされチャート上位にランクインするなど大きな話題となりました。

ニュースなどでは耳にするけどちょっと難しいイメージのあるボーカロイドの世界。

CeVIOプロジェクトはそんなユーザーのニーズにも応え「難しい知識を必要としない、シンプルな操作でOK」というコンセプトの音声創作ソフト「CeVIO Creative Studio S」を提供しています。

ゆらぎ・ズレが人らしさを演出

CeVIOは名古屋工業大学を中心として開発された音声合成技術「HMM(隠れマルコフモデル)」という手法を採用し、ボーカロイドのようにサンプリングされた波形を繋げるのではなく、人間が声を出す過程をシミュレートしています。サンプリングデータを使っていないためインストーラーのサイズは50MB程と軽量、他の音声合成ソフトと比較しても10分の1以下のサイズに抑えることに成功しています。また、ファイルサイズは小さくても実際の歌声を元にしているのでサンプリングとは違う技法でありながら「声の主」(当時16才の声優さん)は存在しています。

トークとソング両方が作れる

CeVIOは歌声だけでなく読み上げ音声もカンタンに作れる音声創作ソフト。 歌のなかにセリフを入れたり、ミュージカル風にセリフと歌が混ざるようなシーンでも使用できるのが特徴です。また、初心者でもすぐに音声創作を開始できるシンプルで直感的な操作が1つの大きなポイントな反面、発声のタイミング、ゆらぎ、強弱など表現にこだわりたい上級者の細かいニーズにも徹底的に対応しています。

細かい設定なしでも自然な歌声

リアルタイムでキーボードを弾いて音を奏でる、所謂ライブ演奏はできませんが、MIDIなどを使用して音楽データファイルを流し込む・またはPCでの入力で歌声や、読み上げ声を自在に鳴らせます。既存の音声合成ソフトと自然な歌声を鳴らすのに調整を必要としないのもCeVIO特有の魅力。また、無調整でどこまでリアルな声を創れるかという所にこだわっていると同時に喜怒哀楽の感情を声で表現させることも可能で、「切ないけど嬉しい」といった微妙な感情のミックスを実現しています。

楽器として音を出す事をコンセプトにしている音声合成ソフトが多い中、CeVIOは声のシュミレーターであることを立ち位置としています。MIDIやMXMLの音声データをインポートするかピアノロール(五線譜のような物)に音符と歌詞を入力すると、自動的に自然な歌声を出力。Aメロ・Bメロなどの繰り返しがある場合は1回目と2回目で歌声が微妙に変化する、など発声の味付け・ニュアンスが局の展開によって自動的に変わるのも特徴。実際に人が歌った場合1番と2番では少し歌い方が変わる、ちょっとしたズレ、「ゆらぎ」こそが「人っぽい声をつくる」という着眼点とこだわりがCeVIOの音声合成のミソだと言えます。。


CeVIO シリーズを展開するV-SYNCの川出陽一さんと加藤義弘さん

細かく設定してこだわるもよし

CeVIOでは楽譜を流し込む(インポートする)だけでもガチガチに楽譜にハマった機械的な声ではない表現力豊かな音声を簡単に演出する事ができます。また、さらにこだわりきって歌い方をアレンジしたい、という人のニーズにも徹底的に応え、発声タイミング、ピッチ、ボリューム、ビブラートの周期を手入力で細かく調整する事が可能です。初心者から音声合成の玄人のニーズまで幅広くこたえられるソフトウェアだと言えます。

関連記事:微妙な感情まで表現する音声合成ソフトCeVIO 全機能を1ヶ月間無料で使用できる体験版を11月20日にリリース

CeVIOのすべての機能を1ヶ月間使用できる体験版はこちら

CeVIO Creative Studio S
(C) 2013 CeVIO

●エディター Christopher Takagi

Twitterアカウント:https://twitter.com/softoniCT

Christopher Takagiの記事一覧はこちら

最新情報はソーシャルメディアで配信中!

Twitter_logo_blueSoftonic公式Twitterアカウント
@softonicjapan


FB-f-Logo__blue_57Facebook公式ページもあります!
https://www.facebook.com/softonic.jp


iPhone/iPad/Android対応
「Softonic 公式アプリ」
えぃっ!☆☆☆ インストール

コメントをロード中