確定申告出力も可能になったクラウド会計freeeのiPhone版はこう使う

クラウド会計ソフトfreeeのiPhoneアプリに新しく加わった確定申告の機能(2月16日リリース)。
経理、会計から確定申告までスマホでワンストップでできるようになったfreeeの新機能はどのように動くのか使い方を紹介します。


「日々の経理」部分の使い方はこれまでと同じ

1. 銀行やクレジットカード、電子マネーなどを会計ソフトfreeeに同期させます。

2.現金で支払ったもののレシートを撮影して自動登録

ここからが新機能
3.確定申告の設定、モバイルのアプリで各種処理ができます。

「確定申告」から「確定申告書作成」を開き、作成を始めます。日々の経理を付ける際に、銀行口座やクレジットカードを登録して「勘定科目」の登録もその都度行っておけば、データは申告書に記載され手入力の手間も省けます。作成ができたら、「決算書を出力する」「確定申告書を出力する」を選択できるので、用途に合わせて出力が可能です。

4.コンビニなどで印刷!

確定申告は郵送か窓口で手続きをする必要があるため、プリントアウトの必要があります。スマホ版で確定申告書を出力したい場合は、データを外部プリンターなどに転送して出力することもできるので、コンビニなどからの出力も可能です。

5.確定申告提出

確定申告書類が整ったら、郵送もしくは窓口で地域の税務署に提出して、特に不備がなければ完了です。

スマホ版ではどうしても画面のサイズに限界があったり、一部の決算関連処理はiPhoneアプリで対応していないためPCでの入力作業が必要となるものもありますが、確定申告の最終段階までスマートフォンで作業ができるので場所に縛られないメリットは大きいでしょう。

[PR]全自動のクラウド会計ソフト



iPhone版はこちら
Web版はこちら
関連記事:「かなりロック!」確定申告出力も可能になったクラウド会計ソフトfreee のiPhone版アップデート
freee株式会社

●エディター Midori Okuyama


スマホで公的書類まで作成できてしまうとは・・・という驚きの機能です。確定申告の時期が来るたびに気が重いという人もいると思いますが、「スマホでできる」と聞くだけでもぐっと苦手意識が薄まりそうです。

Twitterアカウント:https://twitter.com/midoridsoftonic

Midori Okuyamaの記事一覧はこちら

最新情報はソーシャルメディアで配信中!

Twitter_logo_blueSoftonic公式Twitterアカウント
@softonicjapan



FB-f-Logo__blue_57Facebook公式ページもあります!
https://www.facebook.com/softonic.jp



iPhone/iPad/Android対応
「Softonic 公式アプリ」
えぃっ!☆☆☆ インストール

コメントをロード中